【必見】自家用車に軽商用車『エブリイ』を勧める5つの理由

投稿者:
3 0
Read Time:1 Minute, 18 Second

突然ですが!このたび、ライフスタイルの変化によりクルマを買い替えました。

今までは、見た目のカッコよさ/新しさ/デザインなどで選んでいた車選びですが、子供を授かったことによって生活が全て子供中心になり、下記のような理由からクルマ選びを始めました。

 

【子育て中心になった私、クルマ選びの条件】

 

1:毎年払う自動車税が安いこと


日本国内の悪法により、車は古くなると税金(自動車税)が上がります。クルマ自体が新しくても、排気量が大きいと一気に上がります。つまり逆を考えればいいのです。新しい車で排気量の小さい車:軽自動車が最も安いのです。その中でも、軽自動車の税金は1年あたり1万円ちょっと、軽商用車の税金は1年あたり5,000円前後と言うことを聞き、2,000ccクラスの年間約40,000円と比べたら、約1/4〜1/8程度の税金で済みます。これが毎年になると非常に大きい差です。

 

2:車両代金および維持費が安いこと


上記の1番と少し被りますが、車は買って終わりではなく、むしろ買ってからが始まりなので、維持できなくなって手放してしまうのでは全く意味がありません。自分の収入や身の丈に合った車選びをしなければ、瞬く間に手放すことになってしまいます。私は過去に某有名ドイツ車とフランス車に乗っていましたが、メンテナンス代や修理代が桁違いにかかるため(車のために働いているような状態になり)泣く泣く手放しました。同じ思いはもう2度としたくありません。壊れにくい国産車で、万が一壊れてもパーツや修理代が安い車がベストです。もちろん、車体も安い方がいいに決まってます。燃費の良さもある程度は大事でもちろんレギュラーガソリンがいいし、ずっとかかり続けるお金は本当に考えるべきです。

 

3:子供の送り迎えに最適な仕様であること


私の息子は年末で3歳になります。今の保育園は妻が送り迎えをしているのですが、3歳を過ぎると他の保育園に移らなければならないルールがあり、比較的通勤時間に余裕のある私が来年度から送り迎えを担当することになりました。子供を乗せると言うことは、ドアを急に開けたりする危険性があるのでスライドドアが安全ですし、様々な荷物も嵩張るので、できるだけ大容量のラゲッジスペースが必要です。そして私が住む田舎の保育園は、結構細い道の先などにあるので、できるだけ小回りが効く最小回転半径の小ささや、ボディの小ささも重要になります。

 

4:カスタムベースとしても気軽&手軽で面白いこと

私は高校卒業と同時にバイクに乗り始め、ほぼ生きがいと言っても良いくらいバイクが大好きなのですが、子供が生まれてから全く乗る機会がなくなってしまいました。子供と遊ぶ時間、話す時間、そして一緒に移動する時間。もうすぐ3歳になるけど、まだまだ小さい我が子をバイクのリアシートに乗せることはできませんし、子供用ヘルメットは6歳用からしか売っていません。そこで泣く泣くバイクを手放しましたが、自分好みもカスタムしていく楽しみは忘れたくありません。お金をあまりかけずに気軽にカスタムを楽しめる車が理想です。

 

5:思い出をつくる道具であり場所であること


キャンプや焚き火、BBQなど、アウトドアでの活動、ゆるーくでもいいのでキャンプするってのがすごく憧れます。私自身、東京でバリバリデザイナーやってた頃は某アウトドアブランドの責任者もやってたので、アウトドア系の活動も色々やってみて、本当に楽しかったのを覚えています(キャンプ、スノボ、フリマなど)。そう言った様々な外での活動に使える車。車中泊もできるし、テントや道具などをたくさん積めて、ある程度の悪路もスイスイ進んでいけるクルマが理想ですね。そしてその車の存在自体が思い出の一つになれば最高ですね。

 

これら、5つの条件をすべて満たしているクルマって、意外となかなか無いんです。

例えば

・荷物をたくさん積めるクルマ→必然とサイズが大きくなる→小回り効かないし→狭い道で扱いづらいからダメ

・軽自動車→維持費は安いけど女性やヤンキーを意識したデザインの車両が多い→むしろ普通車より本体が高い

みたいな矛盾が発生して…頭の中をぐるぐる迷ってた中、突然一つの答えを見つけました。



そうだ『エブリイ』を買おう。

エブリイって何!?って方のために、わかりやすく一言で説明すると…上記画像のような『郵便車』のベース車両です。

いつも郵便屋さんが載ってるあの真四角な軽自動車、それこそがエブリイなのです。ど田舎の山の中から都会まで、全国各地を走り回る信頼性があるからこそ、郵便屋さんのメインカーに採用されているのでしょうね。

私が希望する5つの条件をすべて満たすのは『軽商用車』と言うジャンルで、そのなかでもキングofキングとして知人の車屋さんから勧められていた車こそ、郵便車と同じくスズキから発売している『エブリイ』なのです。

荷物をあまり積めなくてもよければ、大人気の『ジムニー 』と言う選択肢もあったのですが、スズキの方に納期を聞いたところ、発売から結構経過した現在でも『1年半以上は待ってもらいますね』と言われて一気に買う気が失せました。結局2ドアだしね。

そこで、『エブリイ』に的を絞って色々と計画し始めたのですが…そこからはとんとん拍子で話が進み…

気がついたら、新車を注文してました(笑)

これから、私がどのようなエブリイ生活を送っているのか、このブログを通じて紹介していくつもりです。

ちなみに、タイトルにある
【必見】自家用車に軽商用車『エブリイ』を勧める5つの理由
ですが、私が思う車選びの条件5つ全てを満たしているからなんです。

 

1:自動車税が年間およそ5,000円かつ車検が2年に1回

これね、本当に助かります。だって維持費は車検のある中型バイクと同じくらいですよ!笑

 

2:商用車なので一番上のグレードでも新車乗り出し150万以下

私の購入した仕様はJOINターボ、4WD、5MTという全部盛りですが、それでも下取りなしで考えても130万円代後半とか、そんな価格で新車が買えちゃうんで、近年の200万超えちゃう軽自動車○BOXとかに比べたら、もうあり得ないくらいにバーゲンセールみたいな価格ですよね。

 

3:スライドドア、集中ロック、大容量のラゲッジ装備

文句のつけようが無いくらい道具としての出来は最高です。エンジンがお尻の下にあるので室内はうるさ目ですが、子供は『楽しい!』と喜んで毎回一緒にドライブを楽しんでます。女性とのデートには向かないかも!ですね…

ただ、この子の笑顔で疲れも全部吹っ飛んで、全てが癒されます。車内が汚くてすみません…

 

4:カスタムパーツが豊富で安い、好きなように弄れる

新車購入時に頼んで、車屋さんで結構弄ったんですよ。もちろん車検に通る範囲内でお願いします!ってことで。タイヤ、サス、シートカバー、電装系、エンブレム、インテリアなどなど…好きなようにある程度いじっても15〜20万程度でした。率直に申し上げてバイクのカスタムより安いです。

 

5:軽自動車枠最強の空間、アウトドア最高の相棒

あの、今回選んだ4駆の5速マニュアル仕様って、足回りを変更してるのも相乗効果ですが、何処へでも走って行けそうな悪路走破性と、狭い道でもスイスイ行けそうな小回りが凄いんです。またこちらはもっと外遊びしてから再レビューしますね。

 

もうね、最高なんですよ。完璧すぎて。

まだ乗り始めて2週間ちょっとなので、これから記事を増やしていきます。

ちなみに、私が乗っているエブリイ は既に弄ってますが…現時点ではこんな↑感じ。
このくらいカスタムしても、工夫次第では15〜20万程度のプラスで楽しめます。

エブリイに乗っている人もそうで無い人も、記事を読んでいただけると嬉しいです。

みんカラというSNSもやっていますので、そちらにも投稿中
是非ご覧ください → https://minkara.carview.co.jp/userid/813722/profile/

それではまた!次回の更新をお楽しみに!!

About Post Author

KTRK

Happy
Happy
50 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
50 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください