これぞ神ケース…iPhone12miniケース選手権終結か!?

投稿者:
0 0
Read Time:3 Minute, 37 Second

iPhone 12 miniのケース、今回で3種類目を試します。
そして今回が最後、いつも使っているPITAKAさんのMagEZ Caseです。

と、その前に…

私はiPhone 12 miniのホワイトを購入しました。店舗にはブラックとホワイトの2色で迷っているとお伝えして2色取り置きしていただき、『ブラックにします!』と決めたところ『念のため初期傷がないかチェックしてください』と言われ、本体を見た瞬間にカメラのユニット土台部分にがっつり擦り傷が入っていたので(こんなことある?笑)、ご縁があって第2希望のホワイトになりました。

そんなこんなで、ホワイトの外観を先に簡単に見ていきます。


今まで過去のiPhoneシリーズのホワイトを使ったことがある人なら、少し違和感を感じると思いますが…そう、真っ白じゃないんです。12 miniのホワイトは、すこし色がついているというか、クリーム色がかったナチュラルな生成のような色のオフホワイトなんです。


ブラックに比べてカメラのレンズ部分がかなり目立つ感じです。さらに、もう一つ意外なポイントとしては、アルミ部分が今までのシルバーのように銀色ではなく、少しシャンパンゴールドっぽいシルバーになっています。


この、『オフホワイト』のガラス素材と『シャンパンゴールドっぽいシルバー』のアルミフレームが、最高にかっこいいカラーリングだと思います。私は正直なところ、たまたまですが白にして良かったなと思いました。男女問わず、シーン問わず使える色で本当にかっこいいです。

さて、本体を先にチェックしたところで、PITAKAさんのケースを見てみましょう。

いつも使わせていただいているので、特に目新しいところがないと思いきや… 今回の12 miniは今までのどのスマホとも違い、フレームが角ばっています。果たしてどんな感じになるのか!??


今回はいつもの『ブラック×グレー』ではなく『ブラックxローズゴールド』という色にしてみました。オフホワイトな感じの12miniに合いそうな気がしてこちらの色をチョイスしました。


Mag EZ Caseなので、薄いながらもケース内部にメタルプレートが内蔵されており、多種多様なマグネット付きアクセサリに対応しています。AppleのMagSafeが話題ですが、そもそもマグネットでくっつくアクセサリーの元祖はPITAKAさんですからね。そこんとこお忘れなく。


何と今回から新ロゴに変わってます。ちょっと未来っぽい雰囲気でかっこいい。


はい、実際に開けてみました。どうでしょう?右側のパッケージ写真ではピンク色っぽく見えますが、実物はよりベージュっぽい、ミルクティーというか、紅茶花伝のような薄い茶色です。


箱から出してみました。うぉぉぉ、お世辞抜きでこれはカッコいい。いつもの黒とだいぶ雰囲気が違います。


アラミド繊維で織られているので、裏面までしっかり模様があります。さて、今回初の角ばっているデザインにハマるのか、実際に装着してみたいと思います。


付けてみました。ん?これ本当に装着してます?ってくらい薄い。


ボタン部分は全てガッツリ全開な感じ。チマチマ穴開けるのではなく、まさに全開。


コネクタ部分もスピーカー部分もひとつながりにガッツリ全開。これは毎回思うけど良し悪し。側面全てが保護されているわけではないので、傷つきやすい…と思いきや、今までバンパーに傷ついたことはないので、角の部分などで保護されているのでしょう。ただし、Proシリーズのように光沢のあるiPhoneシリーズを使われている方は、傷ついてしまうかもしれません。


ホーム(電源)ボタンも全開。本当に押しやすいですよ。ほぼ裸感覚です。


はい裏面ドーン。かっこよ。ホンマにかっこよ。


オフホワイト&シャンパンゴールドと、このケースの色のミルクティーっぽい薄い茶色がすごく合います。この色を選んで本当に正解でした。もし私の他にもホワイトのiPhoneを買われている方がいらっしゃいましたら、この『ブラックxローズゴールド』を強くお勧めします。実物は写真の100倍かっこいいっすよ!!!


木目っぽい板の上ではホワイトバランスが暴走してたので、白っぽい毛布に乗せて撮ってみました。この感じが実物に近いと思います。ブロンズというかなんというか、絶妙におしゃれな色合いです。

それでは次に、車載マウントのMagEZ Mountを取り付けてみます。

先日Galaxy Note20 Ultraのレビューに使用したものは、ケースごと知人に譲ってしまったので、とりあえず今手元にある旧型のマウントで試してみます。

最新型はこちら

 


おぉ!ちゃんとくっつく!旧型は無線充電のQiに対応していないけど、機能は同じです。しかもGalaxy Note20 Ultraの時のように、カメラにマウントが被ってしまうこともなく、最高にピッタリの相性ですね。


車を持っていないという方にもこのマウントをお勧めしたいのですが、動画再生用のスタンドとしても最高なんですよ。私はそういう目的で使ってます!笑


斜め後ろから見るとこんな風になっていて、ボールマウントなので無段階に角度を変えられます。


なんと、縦置きも可能です。使わない時はその辺に置いておけば良いので、部屋ごとに何個か買って持っておくと超便利ですよ!(1個勝って持ち運べば良い話なんだけど、面倒なので私は部屋ごとに置いてます笑)

というわけでそろそろ採点タイムです。
このケースはPITAKAさんからご提供いただいたものですが、当ブログは本音がモットー。

悪いところはきちんと指摘し、今後の製品改良に活かしていただきたいと思います。逆に良いところはきちんと褒めます。自腹で買っても、ご提供いただいても、そこは同じです。それでは採点いきましょう。

【採点項目】

 

1:取り付け、取り外しがしやすいか

すみません、ここは高得点をつけられません。高級なケースだけに、今回のような角ばった形状の場合かつぴったりとした超薄型ケースなので、割れないか気を使います。実際に割れる方は少ないでしょうが、精神衛生上怖いので、ここは3点。

 

2:端子等へのアクセスのしやすさ


これ以上のアクセスのしやすさがあるでしょうか、ガッツリ全てが開いていて、裸で使うのと同じ感覚なので、文句なしの10点。

 

3:ボタンの押しやすさ


ここも2番と同じです。他のケースとは比べ物にならないほど押しやすいので、10点。

 

4:耐衝撃性および保護性能


アラミド繊維は確かに強いです。ただ、耐衝撃性もあるとはいえ、画面から落ちた時は恐らく割れると思います。側面や背面は大丈夫ですが、画面側は心配です。多くの方はガラスフィルム貼られると思いますが、ここは5点。

 

5:ケース自体の軽さ


半端なく軽いです。ほぼ裸、9点。

 

6:グリップ感、すべりにくさ

アラミド繊維の良いところは、さらさらしてるのに滑りにくい。ただ、多少は滑るので7点。

 

7:車載ホルダ等、周辺機器との連携


PITAKAさんといえば、AppleのMag Safeよりも先に『MagEZ』を発明してるじゃないですか!これによってどれだけ様々なアクセサリーと直感的に連携できるか。これは文句なしの10点。

 

8:カメラ部分がガタガタしないか

ガタガタします。薄型の宿命です。2点。

 

9:高級感、所有欲を満たすか

所有感満たしまくり、カラーコーディネートも手触りも抜群です。9点。

 

10:価格(コスパの良さ)

ごめんなさい、これ自分で買うってなると正直なところ価格が高いです。ただ、PITAKAさんはAmazonのセールのタイミングや、それ以外でも結構セールやってるので、そういう時を狙って買えば、1,000円〜2,000円安く買えることもあります。しかもクオリティ高いので長く使えます。ということも鑑みて、5点。 ※セール情報に関しては、当ブログでも都度配信していきますので是非チェックを!


ちなみに執筆現在は10%オフクーポンありますよ!

 

総合得点:70点

総評:限りなく完璧に近い、現時点でiPhone12miniケースの決定版

 

About Post Author

KTRK

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください