Galaxy Note20 Ultra 5Gのケース選び【序章:まず本体を観察する】

投稿者:
0 0
Read Time:34 Second

皆さんはじめまして!

今まで数年間運営していたブログ:MCHから引っ越してきましたKTRKと申します。以後お見知り置きください。

以前のブログはこちら→http://mch.blog.jp/

 

で、私の自己紹介を簡単にすると…『短期間でスマホを変えまくる大馬鹿野郎』です。

今回は、auから発売されたGalaxy Note20 Ultra 5Gを一括購入したのですが、iPhoneシリーズに比べてケースが無い!ってことで、私が厳選したケースを紹介していきたいと思います。

 

ケースは全部で3つ用意しましたので、今回+3回に分けてご紹介しますね。

レビュー予定のケースは、最初から箱に入っていた透明のTPUケース、そしてサムスン純正のスタンド付きケース、最後にPITAKAさんからご提供いただきましたMagEZ Caseの順にご紹介予定です。

 

まず第一弾は、何もケースをつけない本体を観察してみます。

本体下部には左からSペン、スピーカー、充電ポート、マイクが付いています。ケースを付けるとすると、これらにアクセスしやすいか、穴がズレていないかがポイントになりますね。

正面から見て本体右サイド部分です。電源キーとボリューム上下ボタンがあります。ちなみに、本体の底に写っているのがカメラです。これ、今回はスマホ史上最高に分厚いので、後ほどじっくり紹介しますね。

本体の上部です。マイクとSIMトレーですね。ここからも左下のカメラの厚みが確認できます。

正面から見て本体の左サイドです。こちら側にはなんと何もありません!!

それでは、問題のカメラ部分を見ていきましょう。ご覧の通り、3つのカメラが1つのユニットに格納され、全体的に飛び出しております。左のほうに小さい空気穴が開いていますが、これを塞ぐと結露する可能性があるので注意です。

この厚みに注目してください。一般的なポイントカードなどを置いてみると、カード約2〜3枚分程度の厚みがあります。これはケースなしで使うと速攻でボコボコになりそうですね…

 

はい、とりあえず本体の観察はざっとこんな感じです。

左サイドには何もありませんが、上、右、下には大量の穴や端子が…そして何よりも、背面にそびえ立つカメラユニット部分をどう処理するのか!がキモになりそうです。

 

次回以降、どうやって評価していくのか!?それは以下の様な項目で点数をつけていきます。

 

【採点項目】

1:取り付け、取り外しがしやすいか

2:端子等へのアクセスのしやすさ

3:ボタンの押しやすさ

4:耐衝撃性および保護性能

5:ケース自体の軽さ

6:グリップ感、すべりにくさ

7:車載ホルダ等、周辺機器との連携

8:カメラ部分がガタガタしないか

9:高級感、所有欲を満たすか

10:価格(コスパの良さ)

 

以上10項目、1点〜10点まで、合計点数10点〜最高100点満点で評価していきますので、どうぞお楽しみに!!

About Post Author

KTRK

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください